« Listen to yourself - 暗いところだから見えること | メイン | 僕は今どこにいて、そしてどこに行くんだろう - 45歳という岐路にて。 »

2011年5 月27日 (金)

コメント

ニール スミス

今週は今はニュージーランドに住んでいる長男が遊びに来て、犬3匹と一緒に芝生広場「グリーンフィールド」に言ったとき、2人とも芝生の上に寝転がって、暫く雲をぼーっと眺めていました。

それだけで良い一日になった。

心が不思議と落ち着いていて、気持ちも豊かになった気分。

本当に人間って、単純な生き物ですね。

akiko

おっしゃるとおりです!

私は夫が1年3ヶ月前、脳梗塞で倒れ、多くを失ってしまいました!
4年間頑張って築き上げたギャラリー、35名の生徒、大好きだった自宅。そして何よりも、生きていて命の次に大切な、「健康」です。左脳の広範囲をやられた夫は、右半身麻痺。そして言語障害。
一年以上経った今も、私の名前が直ぐには出てきません・・・・。

でも失ったものばかりではなく、そんな中で見えてきた事も多くあります!

一番が、友人達の支えです!多くの友人が心身ともに支えになってくださいました!

今こうして夫と二人、生きてる事に感謝している毎日です!

Kazu

ご無沙汰してます、Prolinksのkazuです、ブログ拝見しました。非常に考えさせられましたよ。私も最近は全開モードで走っていたので体をこわしてしまいました。今年で私も44になりますので   「頑張らないで」やって行こうと思います。

友人がCHCで被災して自営のレストラン、自宅にも入れず、私の家で避難してました、今回は人ごとではないですよね。当たり前に電気がついて水道が出ることに感謝しなくてはいけませんね。

ネルソンいいですか~星が綺麗なんだろうな。

akkey

I must know lucky Iam.

大きな被害をもたらした地震が、私たちに気付かせてくれたこと。

いかに「普通」(だとおもっていた)生活が幸せか、ということ。

あの大きな地震のあとで、何よりも信用できるものは人との繋がりなのだと感じました。

自分がいかに幸せか。

かみしめるのと共に、自分は人に何をすることができるのか。

ご恩送りとご恩返し。
自分ができることを、今ここで こつこつと。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2013年9 月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

フォトアルバム